タクシーを呼ぶ方法三つ

タクシーを利用したいときにとるべき行動は主に3つあり、臨機応変に使い分けることがポイントです。

まずは道に立ってひたすらタクシーが来るのを待ち、来たら手をあげて止まってもらう方法です。これは最も簡単ですが、場合によっては最も効率の悪い方法になりえます。なぜなら道によってはめったに通らなかったり、すでにお客さんを乗せていたり、反対方面行きだったりと必ずしもすぐにキャッチできるとは限らないからです。

二つ目は電話等で自ら呼び出す、あるいは人に呼び出してもらう方法です。場所を伝えれば必ず来てくれるので安心ですし、自分はその場から動かなくていいので楽です。ただ、連絡手段がなかったり、場所が特定できないと利用できないので注意が必要です。

三つめはロータリーに並んだものを利用する方法です。駅や空港にはたいてい集まってくるのでそのまま乗り込めばスピーディーに利用できます。特に見知らぬ土地では大変助かる交通手段です。